樹木をモデリングできるソフト『SpeedTree』を触ってみた

SpeedTreeは、3Dの樹木を生成できるソフトです。

どうやら、植物以外は生成できないらしい・・・?
(間違っていたらすみません)

バージョンによってはUnreal EngineやMayaなどでデジタルアセットとして利用できるようです。

 

この映像は、SpeedTreeとUnrealEngine4を使って作られたらしいです。

すごすぎます。

早速体験版をインストールして3時間ほど触ってみました。

作業画面は、こんな感じ。

SpeedTree作業画面

 

左から順に、プロパティ、プレビュー、ジェネレーションエディターです。

プロパティで、パラメーターを細かく設定します。

ジェネレーションエディターでは、木を生成したりマテリアルをいじったりできます。

 

面白いなと思ったのが、ノードのように木を生成すること。

根、幹、枝、葉・・・と、順番に組み上げていくようです。

 

そして第一号の完成。

3時間くらいで作れちゃいました。

パラメーターに慣れるまでが大変だと思いますが、細かくいじれるのでかなり使えそうです。

UE4版は月19ドルなので、個人の方でも導入しやすいのではないでしょうか。

もう少し触ってみて、検討してみようと思います。

 

参考サイト

 

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA